2010年12月19日

駅パン(京都駅編)

仕事で時々京都に行くことがあるんだけれど食事がとれないときや小腹がすいた時やおやつ時(そういう時じゃなくてもつい買っちゃうんだけど)、駅構内でとっても重宝するパン屋さんがある。ひとつは志津屋。ここのなにがいいってクリームパンの比重の重さだ。ふんわかしたやや細おもてのクリームパンをトングでつかんだ時の予期せぬ重さは想像を超えたうれしい裏切りだ。クリームパンにはいわゆるパンとクリームの黄金比というものがあるが(あるのかそんなん?)ひとくち食べればそんな能書き無用のしあわせが比率無視の大量のカスタードクリームとともにおとずれる。うかつに食べればぷにゅっとわきからクリームがあふれだす危険あり。そんな大惨事をすこしでも回避せんがための配慮の細身だったことにも気づく。
20101130001.jpg

もうひとつはORENOPAN OKUMURA
ひと仕事終えて、さあ新幹線で帰るか、という午後の4時。昼めしは食ったしお弁当食うほどまだおなか空いてないし・・ そんな時はパンでしょ!新幹線に乗ると何か食べたくなるのは人の性。駅のはずれのほうだけど重たい撮影機材ころがしながらでもちょっといいパン買いに行こうか。このパン屋さんは祇園のフレンチレストランがやっていてこだわりの材料に京の素材を取り入れたユニークなパンをつくっている。買ったのは京ミブナとベーコンとゆずこしょうのエピ(忘れたけどなんか粋な名がついてた)とぐるぐるビター。新幹線に揺られながらエピをひとやまづつちぎっては噛みしめるたび、シャキッと壬生菜が主張したり、ピリッとゆずこしょうが前に出てきたり、最後にはしっかりと小麦粉のうまみがやってくる。この時間差攻撃はあとひきエンドレス系だ。う〜ん、1メートルのエピがあってもいいと思う。
20101201002.jpg
京ミブナとゆずこしょうのエピ
20101201001.jpg
ぐるぐるビター 要はチョココロネなんだけどそのネーミングとクリームの色の濃さとその愛らしい形で思わず買ってしまった。後頭部にガツンとくる甘苦い奴。
posted by hoso at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | パン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42156334

この記事へのトラックバック