2010年11月18日

歌舞伎座裏のチョウシ屋

時々、無性に食べたくなるもののひとつにチョウシ屋のコロッケサンドがある。
もう20年くらい前、学生の頃このあたりでバイトをしていて、いつもおなかをすかしていた。昼どき、列に並んで時々ここのコロッケサンドやメンチサンドを買って食べたものだ。ただパンにコロッケやメンチカツを挟んだだけの何でもない食べ物になぜここまでみんな惹かれるのだろうか。いつも並びながら目の前で作ってくれるお店の人のスピーディーでまったく無駄のない所作を見ては感動していた。コッペパンにタテのきれめをススゥっと入れマーガリンとからしが一体になっているものを華麗なストロークでぬり、コロッケをタテにサクッ!と信じられないくらいいい音をたてて切り、わりと無造作にパンに挟み、素早くささーっと絶妙な量のソースをぬり、懐かしい感じの包装紙にくるくるっと包みあげて輪ゴムをパチンとはめてくれる。その間およそ20秒ほどだろうか。いつ見てもほれぼれする。いつ来ても同じ人のような気がするし20年間歳すらとっていない気もする(んなわけないか)。
変わらないことのうれしさと同時に、永遠に昭和を生きるサザエさんを見た時のような妙な懐かしさと切なさを感じてしまう。
そして大ぐちをあけてほおばるごとに、あーこの偉大なるなんでもなさが永遠に変わりませんようにと願うのだ。

20101111053.jpg
コロッケはコッペパン、メンチは食パンでオーダー。昔からこの組み合わせ。別に変えてもいいんだけどなぜか変えられないことってあるのだ。
posted by hoso at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | パン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41767459

この記事へのトラックバック