2010年10月19日

茅ヶ崎の住宅街のこなひき洞

なんともゆる〜い名前のパン屋さんである。
駅からも海沿いの道からもけっこうはなれたところにそのパン屋さんこなひき洞はある。名前もゆるければ外観もゆる〜い。穏やかな晴れた日に行ったせいもあるがお店自体がほんわかしたオーラに包まれている。見るからにいいパンが並んでそうな期待がふくらむ。・・やっぱり思った通りだ。こじんまりとした店内だけどハード系から惣菜パンや菓子パン、そしていろんな食パンなどなどでとてもにぎやかだ。国産小麦や土地柄、しらすをつかったパンもあった。あんまり美味しそうなので手書きの味のあるプライスカードとともにひとつずつ見てると、よくあるのだがパンを選ぶにしてはあまりに時間がかかりすぎる怪しい客になりつつあったのでようやくパンを買って店を出た。
パンをほおばりながら駅の方へ行ってみると駅に続く商店街の名前がサザン通り商店街、そういえば近くの海岸はサザンビーチだった。あっちこっちに曲名の書かれたレコード型のプレートがある。
なんとサザン神社まであるらしい。ご神体はまさか・・・?。 昔ながらのやかんや亀の子だわしを売っているような金物屋さんの前を通りかかり、ふと目にした決算セールの値引率はズバリ、33%オフ!やったー!サザンバンザイ!

素敵なパン屋さんの印象が吹っ飛びそうになった茅ヶ崎の街でした。

2010100101.jpg
ブール かむほどにうまみが出てくるのは長時間熟成のたまものか。

2010100102.jpg
生チョコのデニッシュ 太陽をあびてちょっとやわらかくなった生チョコがチョコ好きにはたまらない瞬間を今むかえているのだ。
posted by hoso at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | パン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41412356

この記事へのトラックバック