2010年10月08日

いざ軽井沢の丸山珈琲へ

なんといいタイミングだろうか。スペシャルティコーヒーのイベントの丸山珈琲ブースで、フレンチプレスでいれたコーヒーに新鮮な驚きと感動をおぼえたのはついこの間のこと。そんな記憶もさめやまぬ中、軽井沢に住む友人のところに行く事になり、丸山珈琲のことを話すとなんとその友人もよく行っているらしく小諸店に連れて行ってもらいました。
いやぁ〜なんと居心地のいいカフェだろうか。コーヒーが旨いのはもはや言うまでもないがコーヒーとの相性が抜群のスイーツたちといい、ゆとりある空間といい、大きなガラス張りの店内から見える景色といい、気持ちのいいサービスといい、すべてがコーヒーによってまあるくおさまっている。あとなにがいいってBGMがないこと。聞こえるのはぶあついガラス越しにくる目の前の国道を走る車の音、エスプレッソマシーンを操る手際のいい音、心地いい程度の話し声・・・・。どのスタッフからも溢れんばかりのコーヒー愛を感じる。ちょっと質問するとここぞとばかりに溢れ出すがちゃんと引き際を心得ている(ここがとても大切、見習いたい)。
あっという間に時間が過ぎてあたりは真っ暗になり、国道の向かいの田んぼの干しわらもすっかり見えなくなった。
「さあ、温泉にでも浸かりにいくか・・。」
の友人の声でようやく席をたつ。
ショップで選りすぐりのスペシャルティ揃いのなかから2種類の豆をおみやげに買った。

そして湯に浸かりながら思った。丸山珈琲が都内にお店をだしてくれたらいいのになあなんて思ってたけどそれは大間違いだったと来てみて気づいた。この場所だから成立しているのだ。だからこそまた来たくなるのだと。お店のほうが自分のほうに来てくれればなんて思った傲慢なじぶんを反省。日本中のコーヒー好きが集まる理由が少しわかった気がする。


201009290286.jpg
丸山珈琲のブレンド(深煎り)
いろんな煎り具合の豆がブレンドされていてエッジの効いたバランスがさすが。
201009290288.jpg
コロンビア エル セドロ(中煎り)
ここまで煎りの浅めの豆を買うのは初めて。キリッとした酸味のなかにチョコレートや柑橘やチェリーのような香りが。酸味のあるコーヒーの繊細な香りや美味しさがようやく分かりはじめてきたような・・。
posted by hoso at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41170275

この記事へのトラックバック