2010年07月29日

珈琲工房HORIGUCHIでスペシャルティコーヒーを

スペシャルティコーヒーという言葉を最近よく目に耳にする。飲んでみるとこれがいままでのとはステージが違い、びっくりするほど深くうまい。
というわけで、日本のスペシャルティコーヒーのおそらく草分けであり第一人者の珈琲工房HORIGUCHIの堀口俊英氏のセミナーに行ってきました。(まずは基礎中の基礎)
農産物であるコーヒーの実からコーヒー豆(生豆)になるまで様々な行程があり、その方法によっては全く違う味や香りを作ることができるなんて。(それを実際に飲んで確認しながらの楽しい講義です。)同じピノノワールで作ったワインが作り手の考え方や好みで様々な異なる特徴を持ったワインに仕上がっていくのと似ている。そう考えるともう、もっともっといろいろ試したくなってきてワクワクしてくる。
で、セミナー終わりで買ってきたのはケニヤ(キリマラ農園)という豆。スペシャルティコーヒーはどんなところでどのように育って、どのように収穫して、どのように精製されたものかすべて品質管理されているので、このコーヒー豆たちがどのような道をたどってきたのかを知った上で飲むと、あーこのおいしさはそーゆーところからきているのかなあとイメージしたりできる。舌や鼻だけでなく頭でも納得のおいしさ。スペシャルティコーヒーはうんちく好きにはもってこいの嗜好品だ。
知れば知るほど奥が深く抜け出せなくなりそうな恐怖を感じつつ、今日もまた一杯。
20100724003.JPG
ケニヤ(キリマラ農園) 甘栗のような深ーい香り
20100724023.JPG
きれいな酸味で、マンゴーのようなトロピカルな香りとワインのような長ーい余韻。

posted by hoso at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39869869

この記事へのトラックバック