2010年07月08日

裏路地のパン屋さんと大通り沿いのパン屋さん

えっ、こんなところにこんなよさげなお店があるなんて、ってことがちょくちょくある。裏路地好きにはたまらない瞬間でもある。東急池上線の長原駅前の商店街から惣菜屋さんが焼いているやきとりの煙につられて狭い路地に入っていくとその奥にあきらかに違和感オーラを放っているかわいいパン屋さんラ・パン・ド・ラ・モトピケが現れる。このロケーションのうえにこのややこしい名前、お店の自信を感じます。
国産小麦に天然酵母、お願いすると塩抜きのパンも焼いてくれるようだ。人もパンもとても誠実でヘルシーな印象をうけて買ったパンを持ってウキウキで店を出るも再びやきとりの煙にやられて2本立ち食い・・・。
20100703081.JPG
穀物食パン 水分たっぷりでふわんふわん、いい香り。焼くとこれがまた香ばしい。
20100703074.JPG
ペイザンヌ 国産小麦のパワーか、おそるべしもっちもち感と長い余韻です。


ロケーションとお店のギャップということでもう一軒。
よく車で第二京浜(国道1号)を通るんだけど、そのネーミングとたたずまいに無性に惹かれながらいっつも素通りしてしまうお店がある。手書きの立て看板にコンガリアンと書いてある。初めて行ったのは100回くらい素通りしたあとだったろうか、車がビュンビュン走ってるすぐ横のサッシュをガラガラとあけて中に入ると大きなガラスのショーケースに王道のパンたちが几帳面に並んでいる。同じパンに違う具材を挟んだ惣菜パンがずらっと並ぶ様はたまらない。しかもほとんどが100円以下である。もうそれだけで嬉しくなってしまう。イートインのコーナーだってあるのだ。イートインと言うと聞こえはいいがどちらかと言うと酒屋のやってる立ち飲み屋の一角といったほうがイメージか。
この老夫婦の営む店内の独特のゆったり感と外の国道のスピード感との激しいギャップをぜひイートインで。
20100707003.jpg
コンガリアンのパンたち これだけ買っても500円くらい!
posted by hoso at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | パン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39514068

この記事へのトラックバック