2010年05月29日

文京区本郷の名月堂

文京区というひびきになんだかアカデミックでちょっといい印象を勝手に持っている。
それは言わずと知れた東大があるからか、公園マニアたちの心を揺さぶる歴史ある六義園や小石川後楽園があるからか、はたまた戦前から続いてるようなお店がさりげなく何軒も並んでいたりするからか・・・。
そんな本郷の東大赤門のすぐそばに注意してないと通り過ぎてしまうくらいさりげない、昔ながらのパン屋さんがある。これぞザ・日本のパン屋さん、名月堂だ。堂という名が実にいい。文京区にブーランジェリーとかベッカライとかそういう名は似合わない。(これまた勝手な思い込み!) 店内でぐるっとパンを見渡した時、やきそばパンなどの惣菜パンやクリームパンなどの菓子パンたちがこれほど安心感を与えてくれるお店もそうはない。そして食べるとうなずきながら思わずありがとうと言いたくなる。いろんなおいしいパン屋さんが増えてきてパン好きとしては嬉しい限りだけど、いつでも帰れるこんな原点のパン屋さんにはほんと心から感謝です。
夕方でだいぶ少なかったけど四ついただきました。
20100518352.JPG
バタークリーム なつかしー!ありがとう。
20100518354.JPG
北海道シチューパン シチューがちゃんとしてます。もっとおっきいのたべたいです。
20100518356.JPG
揚げクリーム 揚げパンなのにさっぱり、すうっとおいしい。
20100518358.JPG
ポーンパン(天然酵母) 何にも入っていないのに感動的うまさ!むちっとした食感と小麦の香りがあと引きます。全部のパンに言えるけど、生地が抜群だからもうなにをやったってうまいのだ!


たとえば平日、美術館や博物館に行って常設展をのんびり見る。そんなこころにゆとりを与えてくれるようなパン屋さんである。
posted by hoso at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | パン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38658024

この記事へのトラックバック