2013年01月15日

初銀ブラ

「銀ブラ」とは昔からよく聞いていた言葉だがそのブラがブラジルコーヒーのブラだったのを知ったのはつい最近のこと。てっきり銀座をブラつくブラだと思っていたのがまさかブラジルだったとは・・・。 というわけで初銀ブラしに行ってきたのだ。
カフェーパウリスタというこのお店、1910年創業ということは今年で103年!パンフレットに日本珈琲界の歴史を創ると大きな事が書かれているが調べてみると確かに大きかった!ブラジルの日系移民の推進に大きく関わり、現地でコーヒー栽培をすすめ、コーヒーを日本に持ち帰り、広めた熱き男の物語はかなり面白く興味深い。(本も出ているので興味ある方はそちらで。)
とはいえただのノスタルジックな思いで銀ブラしに行ったわけでなく、以前SCAJの会場で出店していたカフェーパウリスタのブースで飲んだ森のコーヒーというのがとても華やかで余韻があって美味しいコーヒーだったのでお店にいって飲んでみたかったのだ。
先ほどの100年以上前の熱き男の話に始まり、その後数々の文士や画家や文化人たちがテーブルを賑わしたり、ジョンとヨーコが東京滞在時に三日三晩通ってコーヒーを飲んでいったことなどなどあげればきりがないほどのストーリーがコーヒーそのものよりも先走っている感もあるがそれも含めてこのカフェとコーヒーの吸引力ということか。そしてかくいう自分も吸い込まれたわけだ。
そしてカフェを出る時は、冗談じみた「銀ブラ証明書」なるカードをしっかりと手にしていたのだった。
20130115001.jpg
posted by hoso at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー