2010年09月26日

スペシャルティコーヒーのイベント(SCAJ2010) に行ってみた

東京ビッグサイトで3日間行われていたスペシャルティコーヒーのイベントの最終日に行ってみた。
とにかく急激な変化をとげているスペシャルティコーヒー界の現状を五感で感じたくて・・。
会場に近づくにつれコーヒーのいい香りがしてきて興奮のあまり手前の会場でやっていたイクメン(育児をする男性)のフェスの受付にいってしまう。
さあ気を取り直していい香りのほうの会場へ入るとコーヒーにまつわる様々な業者や店舗のブースがズラーっと並んでいて、奥にふたつあるイベントステージからはなにやら競技会の実況が聞こえてくる。天井が高いところにくるとなぜか興奮するのは自分だけか?そのむかしスーパーカーに狂喜した小学生のころ、そのスーパーカー達が一度に観られるというので、ものすごい行列もまったく長く感じず並んではいった晴海の国際展示場。そして中学生の時、修学旅行で行ってあまりのでかさに腰を抜かしそうになった奈良の東大寺の大仏殿・・など。そこのボワーンとした空気感がそのときの興奮と重なり合って今に蓄積していて、ときどき呼び覚まされる。
個人的な興奮はそのくらいにしておいて、今回ぜひ観てみたかったのはカッピングというコーヒーを評価するテイスティングの実際の様子や、同じコーヒー豆を使って焙煎の技術を競うコンペティション、そして自分が普段、客として行っていたり気になっていた店舗のカフェ・バッハ珈琲工房HORIGUCHI丸山珈琲などが出しているブースなどもう盛りだくさん。
目にするものすべてがとても刺激的でそこに携わっている方々と直接話ができてとても楽しい時間でした。
それにしても各ブースに行くたびにそれはそれはグレードの高い美味しいコーヒーをいただいたのでしまいには頭はすこぶる覚醒しながらもすこしふらつきながら(コーヒー酔いとでもいうのか)会場を後にしました。



posted by hoso at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー